トンデケアの効果と副作用、成分をチェック!

トンデケアの効果を調べてみた!成分の副作用は大丈夫?

トンデケアの効果効能を知りたいというかたも多いのではないでしょうか?
トンデケアは、患部が痛くて辛いときに効果効能が作用してくれます。
第3類医薬品のひとつに分類されるため、肩こり、腰痛、関節痛、眼精疲労などに強力な効果を発揮する薬で多くのかたに確かな効果があります。
鎮痛消炎などの効果はかなり高いのですが、副作用のリスクが低いところも魅力的ですね。

 

 

全身のあらゆる痛みを緩和してくれます。
あなたはどの症状がありますか?トンデケアがあれば痛みを我慢しなくても済むようになりますので早めの対策が功をなしますね。
痛くて辛い症状が改善されれば、外出も楽しくなり、階段の上り下りも楽になって健康で楽しい毎日をおくれますよね!

 

腰痛
肩こり
五十肩
手足のしびれ
関節痛
神経痛
筋肉痛
眼精疲労

 

辛い痛み改善にはトンデケア、詳細はこちら!

 

 

 

個人差はありますが約1ヵ月ほどで大多数のかたに効果があらわれます。

 

ただし公式通販サイトには下記の記載があります。

 

1ヶ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。
皮膚発疹、発赤、かゆみ 、消化器系の異常、吐き気や嘔吐、口内炎、胃部不快感、軟便、下痢、便秘などの症状があらわれたときは服用を中止しましょう。

 

 

 

 

トンデケアは、第3類医薬品に該当する「薬」になります。サプリメントとは全く違います。だから、肩こり、腰痛、関節痛、眼精疲労などに強力な効果が認められています。

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
ニコチン酸アミド(ビタミンB3)
パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
シアノコバラミン(ビタミンB12)
ガンマーオリザノール
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

 

 

トンデケアは、副作用があって効果がほとんどない健康補助食品として販売されている一般に市販されているようなサプリメントとはまったく違います。
でも、トンデケアは「医薬品」に分類されるため効果もあるけれど副作用も強いのではと懸念されている方もたくさんいるかと思います。

 

公式通販サイトに副作用の記述として

トンデケアは第3類医薬品で比較的副作用のリスクが低い医薬品となっておりますが、副作用として次の症状が現れる可能性があります。 皮膚:発疹・発赤、かゆみ ・消化器:吐き気・嘔吐、口内炎、胃部不快感 服用後にこれらの症状が現れた際には服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

とあります。

 

医薬品の種類は、第1種〜第3種までありますがトンデケアは第3種に該当します。そして、3種類の中では比較的副作用のリスクは低いといえます。ただし、効き目や副作用には個人差や体調が影響してきますので、少しでも異変を感じた場合はいったん服用を中止し、医師、薬剤師など医療資格保持者に相談しましょう。

 

 

15歳未満は服用してはいけません
決められた用法・用量を守りましょう
飲み忘れがあった場合はその服用分は抜きます

薬でアレルギー症状のあった方や医師の治療を受けているかた、購入前に心配事がある場合は事前に医師や薬剤師登録販売しに確認すると良いです。

 

 

トンデケアは医薬品に分類され、肩こり、腰痛、関節痛、眼精疲労などに強力な効果が認められています。効果が高い分、成分の副作用が心配というかたも多くいらっしゃいます。
しかし、トンデケアは、医薬品の中でも副作用は比較的低い痛み解消商品になります。

 

定められた用法・容量・服用回数などを守ってお飲みいただければさほど副作用の心配をする必要はありません。

 

トンデケアで副作用が出るとすれば、自分の体に合わなかった場合です。

 

トンデケアに含まれている成分でアレルギー反応を起こしてしまった場合は、皮膚に赤みや発疹、消化器系などに不快感ががでる可能性はありますが、これは全ての医薬品にいえることです。

 

しかし、仮に副作用が出てしまった場合は、いったんトンデケアの服用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。
トンデケアの説明文書を一緒にもっていくと話がスムーズにできますよ。